筋曜日の肉たちへホーム

筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・スポーツトレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

ラットプルダウンアニメラットプルダウン - 広背筋を効果的に鍛えるハイプーリーマシンの使い方

大沼きんJATI認定ATI ,日体協認定SP ,NISAQ認定インストラクター
※当サイトは2004年開設のオリジナルサイトです。記事解説文、イラスト、動画はすべてオリジナルです。

ラットプルダウンとは広背筋を最も鍛えやすいメニュー

の、はずだが、正しくラットプルダウンできてる人は少ないのもこのハイプーリー、もしくはラットマシンと呼ばれるこのマシンの特徴だ。フォーム習得はむずかしいが、一度正しいやり方をマスターすれば、チンニング(懸垂)のような自体重トレーニングよりも効果的かつ確実に広背筋を刺激できる。ここでは昔ながら、かつ最も使いやすいケーブル式ハイプーリーマシンを前提に解説する。

【目次】

  1. 広背筋の特徴とラットプルダウン
  2. ラットプルダウンの基本フォーム・呼吸と実践法
  3. さらに広背筋を強化するラットプルダウンテクニック
  4. やってはいけないラットプルダウン
  5. 正しいラットプルダウンを実現するための "使える"ハイプーリーマシンの見分け方

1:広背筋の特徴とラットプルダウン

広背筋の動きアニメ動画肩関節の外転・内転アニメ動画肩関節の屈曲・伸展アニメ動画

ラットプルダウンアニメ動画広背筋の働きには上のように、肩関節の内転と伸展を行うが、いずれも腕を後方や下方に「引く」動作である(→肩関節)。ラットプルダウンはこのうち腕を頭上から下方に引く内転動作で広背筋に負荷をかけるトレーニングである。ラット(広背筋)プル(引く)ダウン(下ろす)。名前そのままの動作である。

そして広背筋の働きとは

肩甲骨の上方回旋下方回旋後面アニメ動画ラットプルダウンがなぜ広背筋のトレーニングとして最も効果的かと言うと、腕を高く上げることで肩甲骨が上方回旋し(→右アニメ)

広背筋が最大にストレッチされる

ので、広背筋の稼働域が大きくなるからである。チンニングチンニングも同様だがチンニングの場合、基本的に自体重の筋トレなので体重が重い人は回数がこなせず、逆に軽い人は回数が多くできてしまい適切な負荷設定が難しいという難点がある。マシンなら体重や筋力にかかわらず目的に合わせた的確な負荷調整ができるので、懸垂がまったくできないジュニア世代や女性、高齢者でも広背筋をトレーニングすることができる。

ではいよいよラットプルダウンの実践ポイントを解説する。

2:ラットプルダウンの基本フォーム・呼吸と実践法

基本フォームと呼吸方法

  1. 順手と逆手グリップ幅は肩幅より拳一つか二つ分ほど広め。順手でグリップするのがラットプルダウンの基本。
    ※順手にすると肩関節が内旋し広背筋がよりストレッチされる(→肩関節の内旋)
  2. ラットプルダウンアニメ動画あごを上げながら視線を上方に向ける
  3. 胸をふくらますように息を吸い込みながら引く
  4. バーを鎖骨の中央に届くくらいまで引き、大きく息を吸い込んで胸をふくらませ、脇を締めるように広背筋を収縮させる
  5. 背中を丸めないように肘を背中後方になるくらいまで引くとより広背筋に効く(肩関節の伸展動作→ロープーリー)
  6. 息を吐きながら下ろす

呼吸方法がポイント。背中のトレーニングやプル系では、例えばベンチプレスのようなプッシュ系とは逆の呼吸をする。これは息を吸う時に背中を筋肉を使うため、トレーニングの動きと呼吸の筋肉の動きを一致させるためである。

実践ポイント

トライセプスプレスダウン注意点は右のように、手の上げ下げ動作にならないようにすること。体幹部分をしっかり安定させ、広背筋で肩関節と肩甲骨を動かす。

  • 息を吸い込みながら脇を締めるように引く!
  • ラットプルダウン横ケーブルから手→肘が横から見て垂直になるように引く!(→右)
  • 自分にとって広背筋により効くグリップ幅に調節する!

3:さらに広背筋を強化するラットプルダウンテクニック

グリップテクニック

前腕の回外・回内骨格と筋肉アニメ動画ラットプルダウンでより広背筋に効かすには、上腕二頭筋を使わないようにするのがポイント。プル動作(引き動作)では上腕二頭筋も稼動するのが当然だが、順手だと前腕が回内し上腕二頭筋が働きにくくなりサムレスグリップイラストさらにサムレスグリップ(→左イラスト)で握ると上腕二頭筋に力が入りにくくなり広背筋に効かしやすい。

ハイプリーマシンでベントロー

ラットプルダウンバリエーションバーベルベントオーバーローイング

通常のラットプルダウンよりグリップ幅を狭くし、上左のように状態を少し倒した状態に体幹を維持して、ベントオーバーローイングと同様の肩の伸展動作を強調したトレーニングにするバリエーション・ラットプルダウンもケーブル式のハイプーリーマシンでは可能。

4:やってはいけないラットプルダウン

ラットプルダウンビハインドネックダメ例

質の高くないスポーツクラブや公共施設などで特に初心者に多いのが右のようなラットプルダウン。一番やってはいけないやり方である。ラットプルダウンビハインドネックという種目もあるが右のやり方はまねしてはいけない。くわしくは→ラットプルダウンビハインドネック

ラットプルダウン失敗例また前に引き下ろしている場合でも、初級者にありがちなのは、右のように上体全体を倒して引いてしまいデッドリフトバックエクステンションのような状態になってしまうこと。前述したように腕の内転と伸展が広背筋の働きなので、体幹を安定させ肩関節と肩甲骨の上下運動だけを行うようにする。体が動かないように膝のストッパーを確実に調節しよう。

最後にその膝のストッパーの話とマシン選びについて解説する。

 

5:正しいラットプルダウンを実現するための "使える"ハイプーリーマシンの見分け方

ラットプルダウンアニメ動画

太ももの部分に注目。"まともな"ハイプーリーマシンの見分け方を一つだけ上げておく。

太もも部分のストッパーがない、もしくは役に立たないハイプーリーマシンは使えない!

このストッパーがまともに機能しないとどうなるか。軽い負荷だとわからないが、レベルが上がって重い負荷を引こうとすると、重りではなく自分体の方が持ち上がってしまうだろう。これでは広背筋をきたえるどころか"中途半端なチンニング"になってしまいマシンを使う意味がない。ラットプルダウンに限らずマシンの選定は、マシントレーニングを行う上での大事なポイントである。

ストッパーが安定し、かつ太ももの太さに合わせてストッパーの高さを調節できるハイプーリーマシン

を選ぼう。

※こちらの記事も参考になるよ!

ラットマシンプレスベンチTRUSTラットプルTRUST←ロープーリー機能もついた各種ケーブル式ハイプーリーマシン。ラットプルダウンだけではなくトライセプスプレスダウンで上腕三頭筋も徹底強化できる。

Amazonで検索 | YAHOO!ショップ | 楽天市場 | ゴールドジム

★ホームジムを検討されている方はこちら★

★自宅でできる広背筋強化!

チンニングスタンド←チンニングスタンド

チンニング広背筋強化のトレーニングにはやはり懸垂=チンニングは欠かせない!マンネリ化を防ぐためにもチンニングを積極的にとりいれていこう!!

チンニングをやってみよう

★各種チンニングスタンド★

Amazonで検索| 楽天市場で検索 | YAHOO!ショップで検索 | ゴールドジム

チンニングスタンドの選び方

<<ロープーリーにもどる

関連タグ : 背筋 広背筋 上腕二頭筋 コア・体幹