筋曜日の肉たちへホーム

2004年誕生!筋トレから体幹・ダイエット他フィットネス・トレーニング総合サイト!

メニューボタン新着この筋トレ何kcal?この筋トレ何回する?

棒落としアニメ動画瞬間的判断能力の向上とコーディネーショントレーニングレベルアップメニュー

ホーム > 神経系 > コーディネーション > 瞬間的判断能力

前ページまでのコーディネーショントレーニング基礎編コーディネーショントレーニングレベルアップ編で「上肢と下肢の協調性=コーディネーション」「神経伝達速度と協調性」をトレーニングしてきました。だがそれだけでは物足りない!!それは何か?「瞬間的判断能力」とは?!

1:「瞬間的判断能力」とは?究極のコーディネーション

落下ボールに反応アニメ動画実はコーディネーショントレーニングレベルアップ編のトレーニングや各種アジリティートレーニングでも「瞬間的判断能力」のトレーニングは少し入っています。合図者の「右!」の合図に反応して右の手を出すのはまさに「瞬間的判断」です。ボールが手から離れたのを見て飛び出すのも瞬間的判断です。この瞬間的な判断の速さが動きの速さにもつながりますが、速くても判断通りの的確な動きができなかったり、手脚がバラバラだったりバランスをくずした動きでは意味がありません。判断に迷ったりプチパニックにおちいってコーディネーションが崩れて動きがバラバラ、グダグダになることはありがちですね。しかも競技の実践では「手の合図」のような単純なものではありません。例えば神経系トレーニング基本理論ページで解説したサッカーの例で、

ドリブル = 走りながらの足でボールコントロールしながら手で相手選手からガード

に加えさらに味方・敵・ゴールの位置を把握

この

「味方・敵・ゴールの位置を把握」を敵をドリブルでかわしながら的確に行うなんて、まさに高いレベルでの瞬間的判断能力が要求される

場面です。どれだけ体幹トレーニングや筋トレで動的バランスをトレーニングしていてもこの「的確&瞬間的な判断」能力が高くないとやはりロスが生まれクイックネスもスピードも落ちるのです。このような場面でコーディネーションが崩れないためのトレーニングをやってみよう!

2:瞬間的判断能力向上コーディネーショントレーニングメニュー

コーディネーション後だしジャンケン

まずはコーディネーショントレーニングレベルアップ編の最後の方でやった、合図者の合図に合わせて手を出すトレーニングを止まった状態でやってみよう。方向だけの単純な合図ではなく「右がグー、左がパー」のような一瞬迷うような複雑な合図でやります。そしてレベルアップして「コーディネーション後だしジャンケン」をやってみよう。

  1. コーディネーションジャンケン合図者は手でジャンケンを出す。
  2. それに素速く反応し、後だしで右のような脚ジャンケンで勝つ。

脚に対して手で反応でもよいです。さらには手脚両方で反応、さらにさらに脚は勝って手は負ける、右の手は勝って左手は負ける、など難易度を上げるために色々工夫しよう。コーディネーションが崩れて手脚がバラバラグダグダグニャグニャになるぞ。ポイントはもちろん

迷わず正確に瞬間判断→反応動作

棒落としタイムを計るのは難しいですが、グループでやれば誰が1番速く動いているか誰が遅いかなどわかります。

※反応時間を計測する方法としては、パートナーが持った棒を離して落下する前に掴み棒の下端から掴んだ位置までの距離を測るという方法がある。やったことある人も多いかな?距離が短いほど神経伝達速度が速い。

脳トレ?コーディネーション

ここまでやってきたコーディネーショントレーニング各種アジリティートレーニングなどの合図反応で、手を「左」「右」など方向で合図を出し、その合図通りの方向へ動いていました。これを今度は指を使って

出した指が「偶数本なら左」「奇数本なら右」

というふうに、見た瞬間では方向がわからないような合図でやってみよう。さらには両手を使って「合計が偶数本なら左」「合計が奇数本なら右」など、難易度を上げる方法は無限大!指の本数の代わりに絵や色のカードを用意してもよい。ポイントは、トレーニングの度に合図の種類を変更すること。

また、動きながらの合図反応は動体視力の瞬間視のトレーニングにもなるので、文字や単語を素早く読み取って反応動作というハイレベルなトレーニングにもチャレンジしてみよう!

←これぞコーディネーショントレーニング。これをテーブルに乗せてバランスディスクに乗ってやるなどするともっとおもしろくなる。
→バランスディスクの選び方

amazon | YAHOO!ショップ | 楽天市場

まとめ

大沼きんたんなるコーディネーショントレーニングではなく、反応速度や瞬間的判断能力、さらには瞬間視=目の動体視力のトレーニングにまで神経系をまさに"協調していく"高度なトレーニングなってきましたね。どんなハイレベルなメニューであってもゲーム感覚で楽しんでやるのがレベルアップの近道だ!

<<コーディネーショントレーニングレベルアップメニューへもどる

関連タグ : パワー・スピード・敏捷性